Message

ご挨拶

あなたは人生の後半から終末期にかけて、どんな人生を生きていきたいと考えたことはありますか。


私達は、いくつになっても自分らしくいたいと思っています。

自分らしくいることって簡単なことではなく、出来ない事が増えたり、難しい事が増えたりする中で、いつの間にか自分の意見を持つ事ができなかったり、こだわりをどこかに置き忘れしまうタイミングが来る可能性があります。


自分の人生の主役は自分です。
自分にいつまでも意見を求めてくれたり、自分を個人として見てくれる。
そんな時間がいつまでも続く事が、私達が介護の仕事の中で求め続けている事かもしれません。

コロナ渦の中、「生きる」上で本質的に必要なものだけが重要視され、「生活」に必要だった、余暇や趣味などは必要のないものとされました。

しかしいかがでしょうか。

私は「生活」を営む上で必要のない思われる、美容やファッション。音楽や食事、外出等のエンターテイメント、人との出会いや関わりは必要のないものではないと思います。
人生を、生活を、豊かに生きる上で必要な要素だと思っています。

          VISION

彩ある人生をいつまでも

MISSION

自分の意見が伝え続けられる関係・環境がある

考え方,強み,生き甲斐を尊重を認められる

個人として最期まで認められること


VALUE

いつまでもその人と向き合い続ける「超顧客志向」であり続ける

正解を定めない探究心を持ち続けること

ジェネラリストとして医療と介護サービスを把握